ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. トップページの中の
  2. 事業紹介の中の
  3. 事業活動内容と提供サービスの中の
  4. 創薬支援サービスとソリューションの提供
のページです。

創薬支援サービスとソリューションの提供

分析

化合物の物性、薬物動態等を推測するinvitroおよびinvivo試験を実施し、優れた特性を持つ化合物の選定に必要なデータを提供します。開発成功確率の高い化合物の獲得を目指し、最新技術と蓄積されたナレッジを基に、新たな評価系・定量法の開発等を提供します。

薬物体内動態分析

化合物の薬物動態(吸収・代謝・排泄等)特性の明確化と薬物相互作用リスクのアセスメントを行い、良好な体内動態を持つ化合物選定に有益な情報を提供します。また、消化管吸収、動態予測研究を通じて、開発候補化合物の選定に貢献します。

物理化学的特性分析

化合物の各種物性評価およびリスクアセスメントを通じて開発候補化合物の選定に貢献します。難溶性化合物の可溶化技術、各種DDS等の製剤化技術を提供すると共に、各種研究を通じた物性コンサルティングサービスを提供します。

バイオアナリシス

生体内の薬物候補化合物(低分子/高分子)およびバイオマーカーの濃度測定を通じて、優れた特質を持つ化合物創出に必要なデータを提供します。また、新たな定量法の開発に取り組み、確立したメソッドを提供します。

合成

ハイスループットの少量パラレル合成から中・大量合成までの有機合成技術を駆使し、創薬研究のあらゆる場面で求められる化合物を提供します。化合物ライブラリーのプラットフォーム構築、スケールアップを意識した合成法の評価・改良、およびケミカルバイオロジー関連化合物の設計・合成・機能評価研究等に関する技術とアイディアを提供します。

生理活性物質と中間体の合成

少量から中・大量規模の多種多様な生理活性物質と探索合成用中間体を合成・提供します。また、信頼できるレベルに管理された機器分析技術が提供する化合物の品質確認をサポートします。

化合物ライブラリー構築とHTSヒット周辺化合物合成

オリジナルデザインによるファルマスペースライブラリー(PSL)の継続的合成、新規コンセプトに基づく化合物ライブラリーの設計・合成を通じて構築したパラレル合成技術とノウハウを活用し、リード化合物の創出に貢献します。

ケミカルバイオロジー関連化合物の合成

化合物が相互作用する生体分子同定等の目的で使用するツール化合物を探索・提供することにより、作用機作研究の進展に貢献します。また、ツール化合物の新しい利用法等の研究を通じて、様々な技術とアイディアを提供します。

Hit to Lead

創薬標的に対して、生理活性を持つ新規化合物(ヒット化合物)をライブラリー化合物から効果的なスクリーニング手法を用いて迅速に選抜し、ヒット化合物のプロファイリングによるリード化合物の創出に貢献します。

化合物ライブラリーの管理と供給

高レベルのハイスループットスクリーニング(HTS)を実施するため、IT技術を駆使して規模・多様性・品質を兼ね備えた化合物ライブラリーを管理し、迅速かつ的確にサンプルを供給します。

ヒット化合物の選抜

創薬標的に合った適切なinvitroアッセイ方法(遺伝子組換え細胞の構築、培養細胞を用いたアッセイ含む)と評価フローを構築し、HTS手法により、ヒット化合物(生理活性化合物)群を迅速に選抜します。

ヒット化合物の評価

生化学的手法を基盤とした各種アッセイ系の構築・実施により、ヒット化合物群の評価・プロファイリングを通じて、真のヒット化合物を同定します。

SBDD・CADDによる薬物探索・設計

創薬標的に関連する蛋白質の立体構造情報を利用し、X線・NMR・SPRによる化合物との相互作用解析、insilico分子設計等の立体構造解析を通じて薬剤探索・設計を行い、ヒット化合物から効率的なリード化合物の創出とリード化合物の最適化を行います。

生物評価

各種疾患領域における薬理試験の実施を通じて、化合物の医薬品としてのポテンシャルの見極めに必要なデータを提供し、リード化合物の最適化に貢献します。

各種疾患領域における薬理試験

リード化合物の最適化に向け、癌・循環代謝領域等におけるinvivoスクリーニングおよび薬効評価を通じて、質の高いデータを提供します。
動物実験は「動物の愛護及び管理に関する法律」や「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」などの国の法律・指針に準拠した「動物実験に関する規程」を制定し、3Rsの促進に努めています。

※Replacement(代替試験法の利用)、Reduction(実験動物数の削減)およびRefinement(苦痛の軽減)

創薬プラットフォーム構築のための薬効評価技術の拡充

新規評価モデルの構築と病態モデルの獲得、薬理試験とバイオアッセイのためのサンプリングの組み合わせによる複合試験等を通じて、付加価値の高いソリューションサービスを提供します。

組み換え蛋白質供給

HTS・構造解析・生物評価用の各種蛋白質や、抗体医薬関連物質作製に関する最新技術を駆使して、創薬に必要な高品質の組み換え蛋白質を提供します。

HTS・構造解析・生物評価・抗体医薬関連蛋白質の生産・精製

大腸菌・昆虫細胞・哺乳類培養細胞等を活用した各種組み換え蛋白質・抗体の作製を安定的に実施・供給すると共に、実験プロトコール・再現性の高い実験プロセスの確立を通じて、高品質な蛋白質を迅速に作製・供給します。

Omics解析

Omics技術を軸とする様々な先端創薬技術を駆使した多面的なアプローチにより、創薬研究の要であるバイオマーカー探索、化合物標的の同定等の課題に有用なソリューションを提供します。

バイオマーカー探索、作用機作解析等、新規標的探索

ゲノミクス、プロテオミクスあるいはケミカルバイオロジー等のOmics技術や高感度測定法などの先端研究技術と大量のOmicsデータや非臨床・臨床データを解析する情報解析技術を駆使した多面的な研究アプローチで、薬効評価や感受性予測のためのバイオマーカーの探索と同定、新規創薬標的の探索、標的分子の作用機作解析等を実施します。その結果を活用して、革新的医薬品開発に必要なソリューションとコンサルティング・サービスを提供します。

生物学的解析

様々な測定法や病理解析技術を組み合せたアッセイ法を構築し、創薬 研究に必須の化合物評価やバイオマーカー測定に関する精度の高いデータを迅速に提供します。

生化学・病理学的解析

疾患動物モデル、ヒト株化細胞、臨床サンプルなどを用いて、バイオマーカー研究や薬効評価に必要な血液・生化学的マーカーのmultiplexアッセイ系の構築、細胞系アッセイの構築、病理組織学的解析(免疫組織化学、光顕および電顕標本作製含む)、遺伝子発現定量解析、癌細胞増殖試験などを実施しています。創薬テーマの進捗に向けて精度の高い測定データを提供します。

天然物

当社が保有する世界でも有数の微生物資源コレクションを活用することによって、天然物探索、微生物変換、有用天然物の活用等の手法でユニークなリード化合物を創出します。

微生物資源・抽出物ライブラリー・生理活性物質の探索

独自の分離源や処理法・分離技術を用いて収集した多様な微生物資源から、高品質な多様性に富む抽出物ライブラリーを供給します。また、この独自性の高い抽出物ライブラリーを用いた様々なスクリーニングから、活性成分のポテンシャルを的確に見極め、高い精製・構造解析技術により求められるプロファイルを有する化合物を創出します。

微生物変換

微生物培養液および有用変換菌の遺伝子利用により、代謝物合成、キラル中間体合成、官能基導入など創薬プロセスの加速に役立つ化合物を効率的に創出します。

ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。