新着情報

  • TOP  >  
  • 新着情報  >  
  • DNDi(Drugs for Neglected Diseases initiative)との共同による天然物創薬へのGHIT Fund からの新たな資金提供

2018年03月29日

News Detail第一三共RDノバーレの新着情報

第一三共RDノバーレ株式会社とDrugs for Neglected Diseases initiative (本部:スイス・ジュネーブ、以下「DNDi」)による、内臓リーシュマニア症およびシャーガス病に対する治療薬開発を目的とした天然物創薬プロジェクトに対し、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金 (Global Health Innovative Technology Fund、以下「GHIT Fund」)からの1,190万円 (約9万ユーロ) の資金提供が決定したことをお知らせいたします。(DNDiのリリースはこちらから:DNDi in Switzerland / DNDi in Japan

本プロジェクトでは内臓リーシュマニア症*1およびシャーガス病*2を引き起こす原虫に対し、第一三共RDノバーレが保有する天然物ライブラリー (約30,000サンプル) を用いたスクリーニングを実施し、有望なヒット化合物を取得することを目指しています。なお、スクリーニングはDNDiのパートナーである韓国のパスツール研究所で行われます。

  1. 内臓リーシュマニア症:トリパノソーマ科の原虫であるリーシュマニア(Leishmania)の感染を原因とする人獣共通感染症であり、内蔵型と皮膚型に分類されます。内蔵型は、感染後、発熱、肝臓や脾臓の腫大と貧血との症状が見られ、死に至ることがあります。
  2. シャーガス病:原虫トリパノソーマ・クルーズ(Trypanosoma cruzi)の感染を原因とする人獣共通感染症であり、心筋炎や髄膜脳炎により死に至ることがあります。