新着情報

  • TOP  >  
  • 新着情報  >  
  • 日本放線菌学会「浜田賞」の受賞について

2020年10月06日

News Detail第一三共RDノバーレの新着情報

2020年9月、日本放線菌学会において「浜田賞」(研究奨励賞)を受賞しました。
本賞は、放線菌1)研究の進歩に寄与する優れた研究を成し、将来の発展を期待し得る40才以下の会員に授与される賞です。

                     受賞者:トランスレーショナル研究部 舟橋賢記 副主任研究員

                     受賞対象となった研究:放線菌が生産するヌクレオシド系抗生物質の生合成研究

日本放線菌学会より授与された賞状とメダル

日本放線菌学会より授与された賞状とメダル

当社は、放線菌をはじめ、日本でも有数の多様性と保有数を誇る微生物ライブラリを有しています。独自の培養抽出エキスを用いたHTS2)やフェノタイプスクリーニング3)の各種スクリーニング技術を駆使して、当社ならではの、新たな天然物創薬に挑戦しています。

日本放線菌学会 ホームページ:http://www.actino.jp/index-j.html
1)放線菌:複雑な形態分化と二次代謝産物の多様性が特徴の細菌
2)HTS:ハイスループットスクリーニング (High-throughput Screening)
3)フェノタイプスクリーニング:細胞や動物モデルなどでの表現型変化を利用して、候補化合物を探索する手法

関連論文:
1.  Funabashi, M., et. al., Structure-Based Gene Targeting Discovery of Sphaerimicin, a Bacterial Translocase I inhibitor. Angew. Chem. Int. Ed., 52:11607-11611 (2013).
2.  Funabashi, M., et. al., The biosynthesis of liposidomycin-like A-90289 antibiotics featuring a new type of sulfotransferase. Chem. Bio. Chem., 11:184-190 (2010).
3.  Yang, Z., et. al., Functional and kinetic analysis of the phosphotransferase CapP conferring selective self-resistance to capuramycin Antibiotics. J. Biol. Chem. 285:12899-12905 (2010).
4.  Funabashi, M., et. al., An ATP-independent strategy for amide bond formation in antibiotic biosynthesis. Nat. Chem. Biol. 6:581-586 (2010).
5.  Funabashi, M., et. al., An investigation of regulatory mechanisms of A-500359s production in mutants isolated from Streptomyces griseus SANK 60196. Actinomycetologica 23:46-50 (2009).
6.  Funabashi, M., et. al., Identification of the biosynthetic gene cluster of A-500359s in Streptomyces griseus SANK 60196. J. Antibiotics. 62:325-332 (2009).

以上