新着情報

  • TOP  >  
  • 新着情報  >  
  • 日本薬剤学会「製剤の達人」の称号が授与されました

2022年07月06日

News Detail第一三共RDノバーレの新着情報

日本薬剤学会より第28回「製剤の達人: The Master of Pharmaceutical Technology」の称号が授与されました。


受賞者:創剤分析研究部 ADMETグループ 鈴木恭介 グループ長

seizainotatsujin (2).png

本称号は、医薬品製剤技術の研究開発に長年にわたり従事し、研鑽につとめて衆目の一致する高い技術を確立した者の業績を称えるものです。

今回、鈴木グループ長がADMETスクリーニング技術および経口吸収性改善技術の開発に長年にわたり従事し、特許取得技術を含む高い技術を確立した業績が認められました。現在、同学会が主催する「製剤技術伝承講習会」の講師として、自らが開発した技術を含む製剤技術の伝承にも尽力しています 。

鈴木グループ長コメント:

『我々は創薬研究の成功確率とスピードの向上を目的に、創薬の早期段階からの化合物の資質評価と製剤技術の活用に尽力してきました。この取り組みが認められたことを大変うれしく思うとともに、これまで一緒に仕事を行ってきた皆様のご支援、ご協力に感謝いたします。今後も、創薬に貢献する仕組みを探索し、実現し続けていきたいと思います。』

日本薬剤学会 ホームページ:https://www.apstj.jp/

製剤の達人について:https://www.apstj.jp/awards/master-of-pharm-technol/